売却基礎知識

中古業界で重機は最も求められている!この機会に売却しよう

重機業界を知ろう

玩具の重機

最前線で重機は活躍している

重機業界は今現在、好調だといえます。理由としてあげられるのは震災による復旧作業などの現場の最前線で活躍しているからです。建設業界や不動産業界の経済状況は好景気と呼ばれているだけあります。

中古市場での需要は高い

重機業界は今最も急成長を遂げており、業界の拡大に力を入れていると言えるでしょう。このことから、中古市場でも重機の買取需要は高いものだといえます。インターネットでの査定も可能となっています。

廃棄するより売却しよう

不要になった重機を処分しようと考えた時、処分には解体作業や廃棄作業の観点からどうしても高額の費用がかかります。そんな時にこそ、買取業者を利用することをおすすめします。何故なら、中古業界は重機を必要としているので需要が高いのです。

部品としても需要がある

壊れた重機は売却が不可能なのではないか?と思われている方も多いと思います。しかし業者によっては、分解して部品として売却出来るため、壊れていても買取が可能になっています。海外からも日本メーカーの重機は人気が高いので中古を求めているのです。

買取相場を知ろう

需要の高い重機

重機を専門にしている買取業者の中でも、フォークリフトは人気が高い買取になっています。それは運送業者で行われる倉庫整理や、工場の資材を動かす際に役立てられているからです。買取の取り引きが多いところからも需要は高いといえます。約50万円程の相場となっているようです。

早いタイミングほど良い

ありがたいことに、マイクロバスはトラックを専門としている買取業者でも買取を行なっています。29人乗りが可能なマイクロバスなら、約5年落ちでも400万円程で買取してくれるので好条件だといえます。そのため、年数が経っていないほうが価格も上がる見込みがあります。

あらゆるシーンで使える

中型トラックとして人気が高い三菱ふそうのキャンターは、利用者数も多いことからも買取金額が良いトラックです。5年落ちを目安に相場を出すと、約100万円程です。同じキャンターでも、セルフローダーであれば200万円前後が期待できるでしょう。

積み下ろしに最適

先程と同じく三菱ふそうから販売されているファイターは冷凍ウィングを使用出来る特徴があります。ウィング状の荷台に需要が高く、買取業界でも人気の車種といえるでしょう。人気が高いので、冷凍ウィング車だと5年落ちで約200万円と、高額な買取実績があります。

個人の使用者も多い

長年の歴史を持つことで、ブランドの認知度を上げてきたマツダのボンゴトラックは買取業界でも高い買取が期待できます。しかし年式や走行距離を重視して査定するので、10年落ちの場合は約50万円程度と念頭においておくといいでしょう。

広告募集中