売却基礎知識

農業で不要になったトラクターを売却で手放そう

トラクターの査定基準

トラクター

変動があるからこそ査定する

トラクターの買取価格は中古業界でも、相場の変動が大きいものといえます。業者によっても異なるので、その売却時に合わせて業者に問い合わせて査定をしてみることが大切です。今では査定を委託でも行えるので、時間短縮する面でも良いといえます。

馬力が基準となる

ここではトラクターの査定基準を紹介していきます。それは一般的に、馬力で判断していると言われています。馬力によって、買取価格は細かく変わっていきます。大きな馬力として50~70馬力です。

稼働時間をチェック

次にトラクターの査定の際に重要視しているのは、稼働時間を注目して見ています。アワーメーターというものが内蔵されているので、そこから稼働時間を確認することが出来ます。そのことから、稼働時間が短いものが高い査定額になりやすいです。

トラクター買取の素朴な疑問

査定申し込みには費用はかかるの?

一般的に大体の買取業者の査定では、無料で行っているところが多いです。そのため、気軽に不要になったお持ちのトラクターや重機を査定することが可能となっています。

修理はしたほうがいいですか?

壊れた重機を修理に出したことで買取金額が上がるとはいえません。他で修理をしてむしろ出費が高くなる可能性もありますので、そのままの状態で査定に出すことをおすすめします。

その場で現金の受け取りがしたい

業者によって買取をした支払い方法は変わるとは思いますが、大体の業者がその場の現金の支払いを行なっています。利用者の都合に合わせて、銀行振込も可能となっています。そのため査定の段階で、相談することが必要です。

故障で動かないものも買取可能?

買取可能の対象重機であれば、買取が可能となっているところがほとんどです。何十年前のものでも、予想より高い金額がつく可能性もあるので、動かなくなったものでも、まずは出してみることが大切です。

査定の際に必要なものを教えて下さい

査定の段階で必要となる情報は、重機のメーカーや販売形式などの情報が必要です。そのため事前に調べて準備をしておくと、スムーズです。他には現在の状態なども聞かれる場合があります。

広告募集中